e-咬合平面板

ホーム >e-咬合平面板

e-咬合平面板

e-咬合平面板

有歯顎の患者さんにも使える咬合平面板

今までの咬合平面板は無歯顎者が対象でした。
e-咬合平面板は、前歯部に穴を開けることで、
有歯顎者の咬合平面と眼耳平面も観察できるようになりました。

使用例集

1.臼歯部補綴の平面咬合

e-咬合平面板は前歯部に穴が開いているため、前歯部に邪魔される
ことなく左右臼歯部の咬合平面を確認することができます。

2.前歯部が挺出した症例

この咬合平面板を使うことで、正確に臼歯部咬合平面の左右差がわかります。
この患者さんは、右側上顎臼歯部の挺出の為、下顎歯冠長が短かったため、
上顎右側臼歯部の咬合面を削合し咬合平面の左右さを改善しました。

3.上顎咬合平面のチェック

矯正治療時の咬合平面の狂いも、簡易にチェックできます。

ユーザーボイス

e-咬合平面板は有歯顎・無歯顎を問わず簡便に咬合平面を確認できる、
大工道具における墨つぼ・水準器・曲尺のような基準を測るアイテムです。

今までの咬合平面板は無歯顎者が対象であり、蝋提を作りその咬合平面と眼耳平面(カンペル平面)の平行をみるためだけで使用範囲が限られていた。この為前歯部に穴が開いている必要はなかったが有歯顎者(天然歯)には使えなかった。 この咬合平面板は前歯部又は前歯部片顎臼歯部に穴を開けることにより前歯部の叢生、過蓋咬合者でも簡易に有歯顎者の咬合平面と眼耳平面の狂いを観察することが出来る。この為咬合平面の狂いによると思われる、顎関節症・不定愁訴の検査に幅広く応用可能です。
また位置をずらすことにより無歯顎者の蝋提にも使用可能な万能咬合平面板です。

医療法人宏和会 理事長 池尻 良治


過蓋咬合(ディープ・バイト)の症例に対して左右の咬合平面の違いを容易に観察することが出来ます。矯正治療の途中でも前歯部の被蓋に影響されることなく各ステップにおける矯正治療の評価が出来るすぐれたアイテムと考えられます。

ハーバード大学客員教授
セントルイス大学客員教授
宮島 邦彰

規格

項目 内容
サイズ 212.4mm/156.8mm×106.1mm 厚さ1mm
重量 約80g

素材

ステンレス

定価

¥9,000(税別)

e-咬合平面板

商品案内

お問い合わせ
会社概要
To everyone overseas
社長ってこんな人